Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
重松賢太郎 24
  • 2017.03.17 Friday
  • -
  • 07:35
  • -
  • -
  •  
こんにちは。

WBCで日本代表が準決勝進出を決めてとても嬉しく思います!


自分は野球が大好きで選手のプレーに感動をもらいます。





この調子で優勝してほしいと思います。




失礼します。

渡邉勇人 24
  • 2017.03.16 Thursday
  • -
  • 06:58
  • -
  • -
  •  
今年で25歳。柔道を始めて20年。


若手のつもりが若手じゃないのかもと不安を抱く年頃。


じゃあベテラン?いや、ベテランと呼ぶにはまだまだ若僧。


若くいたい。そんな風に思う今日この頃。


日常生活から自分の若さ探しをしています。実際、若いんです。


だってカレーは甘口しか食べられないし、コーヒーは飲めない、ビールも飲めない。


ワインを飲むくらいならウェルチを飲みたい。


タバコだって一度も吸ったことがありません。


大学生と一緒に居たって「全然俺の方が精神年齢低いな」って思いますし。(2歳の姪っ子と大差なし)


七味なんて使ったことないですし。



サンタさんはきっといます。


小2の時に母が言いました。

「あなたは悪い子だからサンタさんはもう来ないのよ」って。


サンタさんはいるけど、僕が悪い子だから・・・



そんな話どうだっていいんです。



本題に入ります。



先日、東海大学に鳥居智男さんが練習に来てくださいました。


鳥居さんは私達からしたら本当にすごい方で、何から書いていいか分かりませんが東海大学出身で了徳寺学園の柔道部にいた方なので、私の大大大先輩にあたる方なのです。


知らない方はいないと思いますが、ぜひ戦績などウィキペディアでご覧ください。


鳥居さんに初めて稽古をつけていただいた時、私は大学1年生だったと思います。


鳥居さんは30代後半だったと思います。


私はボコボコに投げられました。きっと鳥居さんの印象に残っていないくらいに。


はっきり言って「なんだこのおじさんは」というのが第一印象でした。(強すぎて)


そして、大学1年生の時に比べて少しは成長した今も鳥居さんの技術の高さに驚きました。


また色々な技術を今回教えていただきました。自分の未熟さを改めて実感させられました。


本当にありがとうございました。



つまりこのブログで何を伝えたいかというと鳥居さんからしたら私なんてまだまだ赤ちゃんということです。


年齢を気にし出した私にとってとてもいい刺激になりました。


今回、鳥居さんから得た技術を自分の柔道に活かして更に強くなっていきたいと思います。


途中より阪本選手のようなブログになってしまいましたが、前半はどうでもいい話なので読まなくても構いません。

(ここまで読んだ人はきっと全部読んでる)



それでは鳥居さんとのお写真で失礼します。




太田慶一 48
  • 2017.03.15 Wednesday
  • -
  • 07:32
  • -
  • -
  •  
春ですね。

花粉症の症状が笑えないほど出る僕にとっては苦手な季節です。

突然ですが8年住んでいた神奈川から急遽出る事になりました。
今住んでる家は4年経ちましたが整理するといらないものだらけで、ゴミ袋がいくつあっても足りません。

この家もそうですが人生の3分の1を神奈川で過ごして他の何にも変えられないたくさんの思い出があります。

全てに感謝してまた頑張っていきたいと思います。

秋本啓之 108
  • 2017.03.14 Tuesday
  • -
  • 07:58
  • -
  • -
  •  
先週、柔道界のイ・ボミこと西田優香賞金女王の送別会が都内某所でしめやかにとり行われました。

巷でミシュラ◯の審査員を任されているともっぱらの噂の山田監督がチョイスしたお店の雰囲気もてつだって会は大いに盛り上がったのですが...1つだけモヤっとする出来事がありました。

それは了徳寺学園柔道部員をそれぞれ野菜に例えるなら何?という話題になった時のことです。

それぞれ志々目(愛)→イチゴ、ヌンイラ→ズッキーニというぐあいに次々にお洒落で可愛らしい野菜に例えられていく部員達...。

そしてコーチ陣に話が及んだ時のことです。

石井コーチ→男梅....まぁ、見た目もイカツイし酔ったら顔が真っ赤になるからわからんでもない。

金丸コーチ→パクチー....何処にいても存在感あるしチクリと核心を突くスパイス的な存在といことでこれもわからんでもない。

そして話題の矛先が私に及んだ際、内心どんなお洒落でイケメンな野菜に例えられるのだろうとドキをムネムネさせていると....。

緒方が開口一番、「先輩は銀杏....」

私 「銀杏!?あー茶碗蒸しに入ってる決して主役ではないけど無いなら無いで物足りなくて他の具材を生かすも殺すも銀杏次第って言われているあの唯一無二の存在の黄色い食べ物ね」と自身でフォローを入れると。

緒方 「いえ、違います、道端で潰れてるあの銀杏です」

私 「リアリティー?」

緒方 「はい、あの臭い銀杏です」

今年はせめて茶碗蒸しの中に入っている銀杏に例えられるように頑張らなくてはと気持ちを新たにした瞬間でした...。

ただ、唯一救いだったのが私の後に例えられた山田監督が野菜ではなく「肉」に例えられていたと言う事です。

失礼します。

優香お疲れ様、そして今後とも宜しく。




OB小川武志
  • 2017.03.13 Monday
  • -
  • 06:54
  • -
  • -
  •  
どうも皆様、久しぶりの登場です!

昨年の事でありますが、
了徳寺学園のコーチでもある田中美衣先生が
奥さんの同級生でもあるので、私の道場で柔道教室をおねがいしたところ、快く引き受けてくれました。

子供達にとっては初めての経験で、
すごくいい刺激になりました!

田中先生が来てくれてから、4ヶ月たった今でも、教えてもらった大内刈や、先生の話を聞く時の姿勢は、守って頑張ってる子も沢山います(^^)

柔道教室というものが、こんなにも影響力があるものだとは、この様な立場になり初めて知りました。

田中先生、ありがとうね(^^)
海外でも頑張ってください!

また、その3日後には自分が柔道教室をやる立場に…。
アルソックの小橋監督と、日体大の小嶋先生と
私で長崎まで(^^)



柔道教室をお願いしたり、
自分がやったりと、
繋がりの大事さと、柔道が自分を成長させてくれていると改めて知りました。

これからも柔道界に恩返しが少しでも出来る様、私自身も成長できる様に頑張ります‼


また、了徳寺学園の皆様の活躍が、了徳寺ファンにとってはもちろん、
学園OB OGの方にとってすごくいい刺激になると思います。

これから、選抜体重別や全日本選手権と続きますが、益々のご活躍を期待してます(^^)

小川

金丸雄介 114
  • 2017.03.12 Sunday
  • -
  • 11:39
  • -
  • -
  •  
現在、カーディフという街にいます。



2週間ほどコーチ海外研修ということで、ここにいます。ちなみにイギリスです。

まぁ、色々と悪戦苦闘しながら、なんとかやっています。

1週間経って思ったことは、カーディフは石川県に似ているところが多いかなということ。

1.雨が多い
大体雨が降ってますし、曇ってます。

2.街並み
買い物や夜遊びするところと、歴史的名所が近い。なんでもできそうな気がします。

3.なんとなく
うん。なんとなく。

という事で、しっかり研修していきたいと思います。今日は休みなので、街中でゆっくりくつろぎたいと思います。


優香お疲れさん。

西山雄希 36
  • 2017.03.11 Saturday
  • -
  • 08:07
  • -
  • -
  •  
こんにちは。

年が明けて3月も中盤ですね。
時間の経過がとても早く感じます。

自分の飼っているワンコもすくすく育って4歳になります。
犬の年齢は最初の1年で17歳、そこから毎年4歳ずつ歳をとるそうです。

うちの犬は29歳になります。
今年で年齢を追い抜かれます。
いつまでも元気でいてほしいですね。



2017グランドスラム・バクー大会初日結果報告
  • 2017.03.11 Saturday
  • -
  • 08:04
  • -
  • -
  •  
昨日行われましたGSバクー大会に出場しました志々目徹の結果をご報告致します。

60kg級
志々目徹:優勝

1回戦
志々目徹〇 GS反則勝(指導3) SADIGOV(アゼルバイジャン)

序盤より攻め込み、中盤に相手に指導が与えられます。何度も投げそうになりますがポイントを奪うまでには至りません。終盤に相手に掛け逃げの指導が与えられ、そのままGSに突入します。GSに入っても志々目の攻撃は止まらず、技を3度ほどつないだ後、相手に三度目の指導が与えられ、反則勝ちにして初戦を突破しました。

準々決勝
志々目徹〇 優勢勝(技有・隅落) SAGYNBAI (キルギスタン)

2015年世界2位のIBRAYEV(カザフスタン)を下して勝ち上がった相手に対して、内股から押し込んで技有を先取します。その後帯を持った相手に指導が与えられます。続けて、内股で技ありを追加し、引き続き攻め続けて、相手に2度目の指導が与えられ、そのまま押し切り、準決勝に駒を進めました。

準決勝
志々目徹〇 反則勝 KYRGYZBAYEV(カザフスタン)

2016年マスターズ王者のSAFAROVを下して勝ち上がった相手に対して、序盤に内股で技ありを奪います。その後も志々目が先に技を出し、相手に指導が与えられます。直後に志々目にも場外指導が与えられます。その後、終盤に志々目の内股に対して、ブリッジで防いだとして相手に反則負けが宣告され、決勝進出を決めました。

決勝
志々目徹〇 優勢勝(技有・内股) TILOVOV(ウズベキスタン)

2016年GPタシケント王者との対戦は、序盤、組み合わない相手に指導が与えられます。その後、組み手争いが続き、両者に指導が追加されます。残り一分のところで、得意の内股で技有を先取します。その後、間合いを詰めてくる相手に対して内股で技ありを追加し、そのまま押し切って優勝を決めました。

了寺学園医療専門学校教員&柔道部監督 泉澤 勝
  • 2017.03.10 Friday
  • -
  • 09:23
  • -
  • -
  •  
皆さんこんにちは

了徳寺学園医療専門学校の泉澤です。

春の暖かさを感じる日も多くなって来ましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

了徳寺学園医療専門学校では、国家試験も終わりあとは卒業式を待つのみとなりました。

今年も、多くの学生が合格できそうで少しほっとしております。

4月からは是非、柔道整復師として地域医療に貢献してくれたらと思います。

そして、最後に学校の募集のことですが、今年度の最後の入試が3/12(日)に行われます。

まだ、間に合いますので皆さんの中で、柔道整復や鍼灸などに興味のある方がいましたら是非、当校のHPをチェックしてみてください。

HPはこちら→http://www.ryotokuji.jp/index.shtml

それでは皆さんまた来月お会いしましょう。

OB 飛塚雅俊
  • 2017.03.09 Thursday
  • -
  • 05:55
  • -
  • -
  •  
こんにちは

了徳寺学園OBの飛塚雅俊です。

了徳寺学園柔道部を卒業(退職)して、早や8年が経とうとしています。

現在、東海大学付属浦安高等学校の教員として、

同校の柔道部監督を務めています。

監督に就任して2年半が経ちますが、

この度、監督として春の全国高校柔道選手権に団体戦で初出場します。

2度 の高校選手権全国優勝を果たしている竹内前監督から引き継ぎ、

中々勝てない時期が続きましたが、今年は県で優勝して出場することが出来ます。

同じ千葉県にあるということで、理事長先生はじめ、

多くの了徳寺学園の方々に多大なるご協力を頂きました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。



さて、今日は3月9日です。

3月9日といえば、〇ミオロメンの3月9日を連想される方が多いのではないでしょうか?

レ〇オロメンの3月9日といえば卒業ソングです。

私事ではありますが、今年、 初めて高校3年生の担任を任され、

先日卒業生を送り出すことが出来ました(中等部としては2回卒業生を送り出しています)。

3月9日は思い入れがあった曲なので、卒業式で流れた時は胸に来るものがありました。

色々大変な1年間でしたが、教員としても人間としても一回り成長できたのではないかと思います。

初物が続きましたので、この勢いで全国高校選手権の初優勝(私が監督として)を勝ち取りたいと思います。

了徳寺学園の関係者、ファンの方々も3月20日は東海大学付属浦安高等学校の応援をよろしくお願いします。

了徳寺学園も選抜体重別、全日本選手権と大きな大会が続き ますが、益々のご活躍を期待しております。

ありがとうございました。

それから山田監督、もうブログの順番は回さないで下さいね。

OB飛塚でした。